あぁ、何で。
















何で思い出してしまうの?






























〜幼い頃の記憶〜
































「お祖父ちゃんっ。」

「何だ、パン?」

「どうして、鳥さんはお空を飛ぶの?」

「うーん、どうしてだろうなぁ。」

「じゃあ、どうして鳥さんだけ翼があるの?」

「何でかなぁ?」

「じゃあ、どうして人には“翼”が無いの?」

「質問ばっかだな、パンは。」

「だって、気になるんだもん!
 お祖父ちゃん、答える気あるの?」

「オラは、答えられねぇよ。」

「どうして?」













「だって、そういうもんは自然に出来たもんだろ?
 そういうもんはオラ、てゆうか、人にはわからねぇんだ。」







































 
「うー・・・。」


頭が重い。

あぁ、そうだ寝ちゃったんだ、私。

パンはそう思った。

「パン?」

子供の声がした。

声のほうを向くと、独特の髪型の少年がこっちを見ている。

その少年は、パンの実の祖父   “孫悟空”なのだが。






今から1年程前。

黒い星のドラゴンボール   究極ドラゴンボールが、ピラフ一味により、復活してしまい。

そして、その場に居た悟空を手違いで、子供の姿にしてしまって。

それで、究極ドラゴンボールを探しに悟空とトランクス、パンは宇宙へ探しに行ったけれども。

だけど、色々ごだごだがあって。

結局元に戻れなかった。

そして今に至る。







「・・・あー、何?」

「おめぇ、寝てたよな?」

「寝てたけど。」

「疲れてんのか?」

「・・・かもねー・・・。」


寝たほうがいいぞ、と悟空が言うと、わかってるわよ、というような顔でパンは彼のほうを見た。











「お祖父ちゃん。私、小さい頃の夢見てたんだ。
 『どうして人には翼がないか』ってお祖父ちゃんに言ったこと。」

「あー、そういやおめえ、言ってたなぁ。
 オラ、何て答えて言いかわかんなかったもんなー。」

「でもさ、私、今なら答えわかるんだ。」

「何だ?」



















「人はさ、心の中に翼を持ってるんだと思う。
 自分が望む場所へ羽ばたく為のね。
 其れは、人それぞれ違うんだけどね。」
















「・・・難しいこと言うなぁ。」

「煩いわね。いいでしょ、別に。」














「でも、まぁそれがおめえの出した答えならいいんじゃねえか?」



























人は何故幼い頃を思い出すのだろう。














それはきっと


















現在(いま)に疲れたからだろう。






















だから、1度過去を思い出すんだ。



























前に進むために。


































終































後書き
今回はKaoさんとの合作です!相互記念ということで。
私が先に小説を書き、それにKaoさんが挿絵を描くみたいな感じでした。
今回は悟パン(もどき)です。あんまラブくないので・・・。
で、返ってきたのがこんな素敵な絵ですよー!!しかも2枚!
PCの前でニヤニヤしてしまいました。(苦笑
Kaoさん、ありがとうございましたー!













『ドラゴンボール』関係で知り合った虹風さんから、相互リンク記念という
ことで頂きました。
虹風さんから「何かSSのリクエストがあれば」と言うお言葉をいただき、
それならと思ったのですが、まぁアホな自分のことです。
碌な案を思いつかなかったので、逆に強引に“合作”ということでお願いを
したという真相があったりしますw
しかも、(多分)私が基本的に悟空×パンで同人していることに配慮まで
して、悟パンものにしてくださったのです。
虹風さん、どうもありがとうございました。

プレゼントに戻る